スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告

ありがとうで胸がいっぱい♡ 

妊娠報告のDIARYをアップしてから

HP宛にも個人的にもたくさんのメッセージを頂き

本当にありがとうございます(´ ▽`)!



改めてこのお腹の中にベビが来てくれた喜びを再確認し

はじめて味わう温かい気持ちに包まれ胸がいっぱいです♪



不思議なことに

こうしてベビのことを思いながらDIARYを書いていると

存在をアピールするかのようにウニョウニョと動いています(笑)!



実は2年前の春…

一度命を授かったものの

数ヶ月後の7月7日にお空に帰って行きました。

その日は七夕できっと空には奇麗な天の川が流れてて

それを見たかったからまたお空に帰ってしまったのかなぁ…と

無理やり自分を説得し悲しみを乗り越えました。



そして今年の春、再びの妊娠が判明してからも

初期の頃は出血が続き、病院からも安静命令が出て身動きが取れず

自宅で入院生活のような日々を過ごしていました。



やはりよぎるのは2年前の悲しい思い出。

本当はとてもめでたいことなのに手放しで喜び合うことも出来ず

無意識のうちに7月7日をひとつの目標にして

慎重に一日一日が無事に過ぎて行くのを数えていました。



妊娠には

・着床の壁

・胎嚢確認の壁

・心拍確認の壁

・12週の壁

・16週の壁

・22週の壁

…など

さまざまな言い伝えがあるそうです。



私は心配性&神経質な性格が災いし

その週数期に差し掛かると、いつもビクビク・おどおど・ピリピリしていました。

現在何とか23週目に入り

『やっとここまで乗り越えてきたんだなぁ〜』と

ほんの少しだけの安堵感と達成感を味わう余裕が出て来ました。



これから

・残り100日の壁

・30週の壁

・36週の壁

・38週の壁

…と

まだまだ乗り越えなければならない壁がたくさんありますが

残り少ない旦那はんと2人だけの生活を楽しみながら

貴重なマタニティライフを満喫したいと思います(*^∇^*)♪





写真 3


感動したお話…♡



私がいつも行くスーパー。

妊婦さんや高齢者の方がレジを通ると

どこからともなくサーッともう1人店員さんがやって来て

すごい手際よく袋詰めをしてくれます!

私なんかまだお腹が小さくてこのマタニティマークを付けていないと

妊婦かどうかも分からない時期から全ての袋詰めをしてくれました♪

初めて袋詰めしてもらった時は『たまたまだったのかな』と気にも留めてなかったけど

違うレジに並んでも、混んでる時間にたくさん買い物しても

正義の味方のようにサーッと登場する店員さん…

『これはたまたまなんかじゃない!』とある日確信しました!

本当にありがたいサービスです☆




[ 2013/09/12 22:06 ] Diary
PROFILE

MIKIKO

Author:MIKIKO
http://www.mikiko.jp/

月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。