言葉のエネルギー。 

『明元素(めいげんそ)』

『暗病反(あんびょうたん)』

という言葉を御存知ですか???



ヒューマンウェア研究所の清水英雄さんという方が提唱されているそうです。



わかりやすく言うと

『ポジティブ』と『ネガティブ』。

同じ状況でどちらの言葉を使うかによって

心模様や結果が大きく変わってくるということ。



meigenso.gif



◆明元素言葉(現状打破言葉)◆

○ ありがとう
○ 充実している
○ お元気さま
○ 簡単だ
○ できる
○ やってみよう
○ 頑張ります
○ 努力します
○ 挑戦します
○ 楽しい
○ うれしい
○ おもしろい
○ すばらしい
○ 美しい
○ まだ若い
○ おいしい
○ すてきだ
○ きれいだ



◆暗病反言葉(現状維持言葉)◆

× 忙しい
× 疲れた
× どうしよう
× いやだ
× 困難だ
× やってられない
× 難しい
× できない
× やりたくない
× つらい
× 苦しい
× つまらない
× ダメだ
× 不幸だ
× もう年だ
× まずい
× どうせ
× どうでもいい



みなさんは無意識にどちらの言葉を多く使っていますか?



いまの日本にはもっともっと『明元素言葉』が必要です!

普段から意識して『明元素言葉』を使って行けば

きっともっと笑顔の溢れる国になるはず!



人間は言葉を交わせる生き物だから

誰もがその一言の大切さを受け取る力を持っています。

目を見て…手をとって…心をこめて…
[ 2011/03/27 14:25 ] Diary

日常。 

眩しい光に目を細めて目覚める朝…


ボタンを押すと灯るライト…


蛇口をひねると出てくる水…


湯気の立ち上る温かいスープ…


「おはよう」「おやすみ」を交わせる家族の存在…


柔らかな毛布に包まれてウトウトと眠りに就く夜…





毎日の生活の中にある何気ない「日常」がいま、

こんなにもありがたい。

いままで当たり前すぎて気にも留めなかったことを

心の底から反省。





電気・ガス・水道…

現代ではなくてはならないライフライン。

私達の生活がまた「日常」に戻るために

命をかけて頑張ってくれている人がいる。





東京都をはじめ各地域で実施されている計画停電。

私の住む町は大きな幹線道路や高速のインターがあり

信号を止めるわけにいかない…ということで

計画停電の対象地域にはならないのだと

マンションの管理人さんから説明がありました。

でも窓から隣町の方角を眺めると

嘘のように真っ暗…。

夕飯時…家族が集まる時間帯なのに…。

煌々とした電気の下で何も出来ない自分が

もどかしくて情けない気持ちにさえなります。





まだまだ難航している福島の原発問題。

人の為のものが人に被害を及ばす。

誤解しないで理解しなければならない。

福島県は関東のために『東京電力』を作って頑張って働いてくれています。






こうしてここにDiaryを書くことができるのも

すべては誰かが汗と涙を引き換えに作り出してくれた貴重なエネルギー。

感謝。
[ 2011/03/26 10:47 ] Diary

微力だけど無力ではない。 

今朝、PCを開くと父親からメールが…

仙台在住の取引先の方から

悲痛なメールが届いているとのこと。。。



その方からのメールによると…



テレビの報道で見るのはほんの一部で現場は地獄絵のようで

物資も届いているように放送されていますが、まずは大きな避難所が優先され

被害範囲が広すぎて本当に渡っていない所の方が多いそうです。

被災地に物資を持っていくと涙を流して喜ぶというようで

実際に物資を届けたドライバーの方々が何人もが泣きながら現場を後にする…



…という状況とのことでした。





それでも焼け石に水…

この寒さと飢え…

さらに余震の恐怖…

計り知れない絶望の中で生きる尊い命のために

とにかく出来る事をしたい…

どんなに小さくても、私なりに出来る事。





shien-busshi.jpg


早速、荷物を送りました。





◆◆◆ これから物資を送る方へお願い ◆◆◆


※必ず箱に赤い字で 『 緊急支援物資 』 と書いて下さい。

※箱には、何が何個入っているかを記入して下さい。
 書かないと荷物を下ろす時にもう一度箱を開けて中身を調べて
 箱に書かないといけないのだそうです。

※特に必要な物資は…
 防寒着・トレーナー・セーター・ろうそく・寝袋・カイロ・サランラップ・
 テイシュ・米・鍋・調味料塩・現金(灯油を買うのに必要だそうです)・
 生理用品・その他生活用品。


イメージは“裸で放り出された人に必要な物”だそうです。





被災地ではない地域で『買占め行為』が横行しています。

善意で行っていることが2次被害を招いては元も子もありません。

新たに物資を買って送るのではなく、

自宅にあるもので使用していないもの・不要なものの中から送ってください。





一部の報道では被災地の中心部は予想を遥かに上回る物資が届いており

受付を一旦中断している団体もあります。

やみくもに送りつけて現場での手間を増やすのでは意味がありません。

各方面で案内している県庁や自治体へ送れない場合、

群馬のボランティア団体が支援物資の受付を行っています。

集められた物資は群馬県月夜野に集められ、

緊急車両の認定を受けたトラックで運ばれます。

仙台からは小さなトラックやバイク便などを使って必要なところに届きます。

m1k1k0.jp@hotmail.co.jpに直接メッセージを頂ければ

お答え出来る限り、そちらの住所をお伝え致します。

支援物資を送ってくださるという方、ご連絡お待ちしております。





皆様のアツきLOVE&SOULを

どうぞよろしくお願い致します!!!
[ 2011/03/18 13:13 ] Diary

3月11日。 

3月11日。

あの恐ろしい出来事から明日で1週間。

地震により、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに

被災された皆様、そのご家族の方々…

心よりお見舞い申し上げます。

一日も早い復旧復興をお祈り申し上げます。





TVでは毎日被災地の様子…切なくなります。

歌手と言う言葉を届ける仕事をしているというのに

こんなとき、どんな言葉を掛けたらいいのか戸惑っている自分に

苛立ち、葛藤し、その無力さにただただ反省する毎日です。





実際、被災していない私たちは

“笑っちゃいけないの?”



違うと思います。

不謹慎とたたかれようと

まず、命あるものに与えられた使命は

新しい一日を笑顔で迎えること。

日常は毎日やってくる。

凹んでばかりはいられない。

自分ができることをやろう!

節電、募金、音楽…

被災地が、日本が立ち直るために…!




いま大きな問題になっている福島の原発…。

数年前…

福島で原発のメンテナンスを行う㈱エイブルという企業のイメージソング製作に

携わらせていただきました。

私達が作った楽曲をとても喜んで気に入ってくださり

一日に何度も社内の大きなスピーカーで聞いてくださっているのだそう。

その曲が出来た年には、福島の本社に招待され歌いにも行きました。

いまその場所は放射能漏れの避難指示が出ている地区になっています。



社員の方々はこの瞬間も命の危険にさらされながら

復興のために肉体と精神を振り絞り闘っています。

そんな彼らの胸に少しでも自分の音楽が流れていたのだと思うと

「無力だ、無力だ」と嘆いてばかりいないで

今まで以上、音楽という仕事にもっと誇りを持とう!



気付かされました。

音楽は、目にも見えなければ、触ることもできない。

心でしか受け取れない。

だから

夢を、希望を、愛を

歌い続けて行こう。


flower04.gif


理想の島 -㈱エイブル イメージソング-    
作詞:大畑美喜子  作曲・編曲:佐藤希久生

「夢」という輝きを
いつの時もこの瞳に映そう
「希望」という光が
僕の理想を強く明るく照らす

心のコンパスを両手に握りしめ
大海原へ飛び出そう

あるがままのあなたと創る未来こそが
たどり着くべき情熱の島

澄んだ心が波にとけたら
幸せは寄せてはかえすよ 永遠に

「愛」という感動を
誰かに伝えるために生まれてきた
「愛」という幸せを
あなたに手渡すために歩んできた

白くてまっすぐな帆を高々とあげ
水平線の向こうまで

あるがままの想いで描く未来こそが
たどり着くべき愛情の島

きれいな心を鳥が運べば
幸せはさえずりとなって鳴り響く


[ 2011/03/17 23:03 ] Diary
PROFILE

MIKIKO

Author:MIKIKO
http://www.mikiko.jp/

月別アーカイブ
検索フォーム
カレンダー
02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -